上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇ファイル1

地蔵峠へ続く林道の中大量に散らばる鳥の羽
hane2
hane1

(カケスのようですが…ちゅんた解説よろしく)

別に鳥の死体が出てくること自体山の中では不思議ではないのですが
問題なのは何に襲われたか

・まず足跡は無いので獣ではない
・上に生えてる木の上で鷹とかに食われたのなら分からないでもないがそれにしては羽がまとまりすぎ
・木の枝に溜まった雪に埋もれていた羽がどっさり落ちてきたにしてはぬれた痕跡が無い

なぞだ!


怪奇ファイル2

このうさぎのフン
フンの熱で雪に埋まってしまう
それにしてもフンのまわりに足跡は見られず
usagi

飛びながらフンをしたのであさっての方向へ転がっていったのか?
(お食事中の方すみません(笑))



怪奇ファイル3

長治小屋には毎年技官さんたちが雪下ろしのためにやってくるのですが
事務所からのラップタイムが毎年記録されているのですが
今年の時間は3時間程度
分かる人には分かると思うんですけど
トチノキ峠を越えてから長治小屋にたどり着くための山道は特に積雪が多く雪が斜面になっている難所
こういっちゃなんですが技官さんたちの体力とスキー技術は化け物並みです。
一体どうやったらあんなにスキーがうまくなるんでしょうか?
スポンサーサイト

【2010/02/28 20:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。